総量規制対象外で即日融資が可能なカードローンは?

MENU

総量規制対象外で即日融資が可能なカードローンはあるの?

キャッシングの即日融資は、今日なくてはならないサービスとなっています。いままで、即日融資が出来るのは消費者金融だけでしたが、最近では銀行カードローンでも即日融資が可能になっています。

 

銀行カードローンは総量規制対象外になるので、年収に関係なく、低金利で高額融資が即日融資で借りる事が出来る銀行カードローンも増えています。

 

即日融資はどこへ申込をしても同じと言うわけではなく、申込先によっては予想もしなかったトラブルに巻き込まれる事もあるので、いくら急いでいても、業者選びは慎重に選ぶ必要が有ります。

 

即日融資が可能になった理由

銀行カードローンの申込条件に「保証会社の保証が受けられる方」という条件があります。保証会社はおもに同じグループ内の大手消費者金融やクレジット会社が保証会社になっています。保証会社の役割は、利用者が返済できなくなった時、利用者に代わって銀行へ残金を代位弁済するので銀行は損をしません

 

銀行カードローンは申込窓口だけを担当し、申込者に遅延や延滞が発生した時は、保証会社が保証するという事になっています。

 

銀行カードローンで即日融資が可能になったのは、大手消費者金融が保証審査をすることで、銀行カードローンも即日融資ができるようになりました。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」が即日融資可能なのも、大手消費者金融の「アコム」が保証会社になったからで、新生銀行カードローン「レイク」のように、大手消費者金融の「レイク」がシステムやノウハウすべてを新生銀行に譲渡し、そのままのかたちで銀行カードローンとして事業を引き継いだ、即日可能な銀行カードローンがあります。

 

即日融資で借りるには

 

即日融資の申込方法は、インターネットから申込をして、口座へ振込をしてもらう方法や無人契約機でカードを受け取るという方法が一般的です。口座振込で借りる時は、平日の午後2時頃までに契約を済ませておく必要があります。

 

インターネットバンクの場合は口座があれば、24時間365日いつでも振込が可能なので、時間を気にすることなく、いつでも振り込みをしてもらえます。

 

銀行カードローンの即日融資は無人契約機からカードを受け受け取り、カードでお金を借りるという銀行もあります。オリックス銀行やソニー銀行、イオン銀行、楽天銀行カードローンなどのネット銀行は口座へ振込してもらう事になります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はテレビ窓口、新生銀行カードローン「レイク」は口座振り込みや自動契約機からカードを受け取ることもできます。消費者金融の場合は、口座振込みやカードを使ったキャッシングのどちらも利用できますが、銀行カードローンはそれぞれに違いが有るので、事前に調べておく必要が有ります。

 

即日融資を申込む前に用意しておくもの

 

キャッシングの申込には必ず必要になる書類が有ります。

 

即日融資で借りたい時は、事前に何が必要かを調べて、それらを用意しておくと審査がスムーズに流れます。申込先によって提出書類が変わってくる場合が有りますが、どこへ申込をするにしても、必ず必要になるのが本人確認書類で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどで、どれか一つの写しを用意しておく必要が有ります。

 

また、転勤などで、申込書に記入した現住所と、本人確認書類に記載されている住所が違う場合は、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)社会保険料の領収証や納税証明書、の写しを別途用意しておく必要が有ります。

 

また、借入希望額によって、収入証明書類を用意する必要が有ります。銀行カードローンの場合、100万円以下や200万円以下、300万円以下は収入証明不要と、銀行によってそれぞれ違うので、収入証明書類が必要かどうかを調べておきましょう。

 

ただ、即日融資で借りたい時は、これらの書類を用意する時も時間がかかりますし、審査が厳しくなるだけなので、収入証明不要の範囲内で借入希望額を決める事をおすすめします。

 

即日融資で借りる時の注意事項

キャッシングの即日融資は、申込をしたその日にお金が借りられるという便利なシステムですが、即日融資で借りようとする時、注意しなければならない事があります。

 

ひとつは、借りたお金は返済するのが当然ですが、借入をしても返済が続けられるかという事です。返済金は借入した金額に利息を上乗せした金額を支払う事になるので、利息を含めた毎月の返済が自身の収入で続けられるかどうかを検討しておく事が重要です。 「借りたらなんとかなる」と言うような甘い考えでお金を借りると、返済が長引くばかりで、無駄な利息を支払うことにもなります。

 

最悪、返済遅れなどが生じると、遅延損害金を払う事になりますし、なによりも、信用情報機関に事故履歴が登録されてしまい、以後新たな借入を申込んでも審査に通らないという事にもなりかねません。

 

ですから、返済については、事前に「返済シミュレーション」などを利用して、借入希望額が自分の収入で無理なく返せるのかを確認してから申込む事が重要になります。