専業主婦は総量規制対象外のカードローンがおすすめ

MENU

専業主婦は総量規制対象外のカードローンで利用する

ご主人の給料だけで、毎月の家計をやり繰りしている専業主婦にとって、予定外の出費が有る時は、恐怖すら覚えます。貯えがあれば問題ありませんが、誰もが貯蓄をしているわけではありません。

 

特に日にちが迫っている時は、どうしてお金を用意するかで悩んでしまいますが、そんな時は、手軽に申込が出来るカードローンがおすすめです。

 

 

借りにくくなった専業主

2010年貸金業法が改正される前、キャッシングの利用者は主婦が一番多かったのですが、貸金業法の改正後、総量規制が完全施行となり、総量規制で年収の3分の1以内と言う制限が加えられたので、無職の専業主婦が消費者金融でお金を借りる事は難しくなりました。

 

総量規制の制限がありますが、全く借りられないという訳でもなく、総量規制には「例外項目」があり、その中に「配偶者貸付」があります。これは、無収入の専業主婦の為の救済処置の様なもので、本人(専業主婦)に収入がなくても、配偶者に収入が有り、同意が得られれば年収合計の3分の1以内で融資をしてもかまわないという事になっています。

 

しかし、この「配偶者貸付」という制度はあるものの、審査や調査に時間がかかるため採算が取れないので、中止もしくは廃止にしています。大手消費者金融でもほとんどが、本人に収入が有る事を原則としているので、制度はあっても利用する事が難しく、実質、無収入の専業主婦は利用できないというのが現実です。

 

では、専業主婦はお金を借りる事が出来ないのかと言えばそうでもありません。

 

総量規制対象外のカードローンなら借入が可能

総量規制は、消費者金融や信販会社が守らなければならない法律で、銀行は銀行法が適用されるので、貸金業法の影響は受けず、銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンになります。

 

銀行カードローンは総量規制の制限を受けないので、年収による融資制限が有りません。銀行はそれぞれが独自の基準で審査を行うので、たとえ無収入であっても審査に通れば融資が受けられます。

 

総量規制対象外のカードローンは、

  • 融資限度額は年収による制限がないので、審査に通れば年収の3分の1以上の融資が受けられる。
  • 年収制限がないので、無収入の専業主婦でも融資が受けられるカードローンもある。

と言うような、借りる側にとってのメリットがあります。

 

専業主婦に優しい銀行カードローン

主な専業主婦専用のカードローン

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.0% 30万円まで 10,000円~
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~

 

となっていて、一般ローンと比べると限度額は低めに設定されていますが、日常生活の一時的な立て替えには十分な限度額になっています。

 

また、毎月返済額も2,000円からと言うところがほとんどで、この程度の返済額なら生活に支障が出る心配もありません。

 

審査で不利になる条件

キャッシングでお金を借りる時は必ず審査があります。審査基準はそれぞれの金融機関によって違いますが、ここで一般的に「審査で不利になる」と言われている事が有るので、申込をする前に確認しておきましょう。

 

  1. 申込時に、ウソの情報を申告する悪質と判断された場合は、審査の通過はまず不可能と思って下さい。
  2.  

  3. 過去5年間にクレジットカードやローン、公共料金の支払を滞納したことがあると審査で不利になる。
  4.  

  5. 過去5年間に債務整理をしたことがある人や、過去10年間に自己破産の経験がある人は一定期間間を開けて申込をする必要が有ります。
  6.  

  7. 他社からの借入れ(クレジットカードも含む)がすでに4件以上ある人の審査通過は難しくなります。
  8.  

  9. 半年以内に複数のキャッシングに申込んでいると申込ブラックとなり、審査で不利になります。

 

これらの条件にあてはまると、少なからず審査で不利になってしまいます。特に複数の業者から借入れがある場合は、本当にこれ以上借りて大丈夫なのか十分に検討する必要が有ります。

 

手軽に借りられる事がデメリットにもなる

キャッシングの申込や借入は、インターネットを使って手軽に利用できるシステムになっています。以前のようにわざわざATMに行かなくても、指定した口座にお金を振り込んでもらうことも可能ですし、担保や保証人も基本的には不必要です。

 

契約が終われば、自分の口座へすぐにお金が振り込まれるので、自分のお金と勘違いしてしまう人もいます。

 

しかし、それはあくまでも借りたお金なので、必ず返済をする必要が有ります。借りたお金には必ず利子がつきますし、借りる額が少なかったり、短期間で返済できたりするのであれば、利息も微々たるものですむかもしれません。

 

ただ、借りる額が大きくなったり、長期にわたって返済が続いたりすると、毎月の返済額は、思っていた以上に負担が大きくなってきます。

 

キャッシングは、自分の口座にお金が振り込まれたりするために、自分のお金と勘違いしてしまいそうですが、あくまでも借りたお金なので、必ず返済をしなければなりません。借りたお金には必ず利子がつきます。

 

借りる額が少なく、短期で返済できるのであれば、利息も微々たるものですむかもしれません。しかし、借りる額が大きく、長期にわたっての返済になると、毎月の利息だけでも想像以上の返済額になってしまいます。

 

そうならない為にも、事前に「返済シミュレーション」などを十分に活用して、無理のない返済計画を立てる事が重要です。