消費者金融と銀行カードローンの違い

MENU

消費者金融と銀行カードローンの違いについて

キャッシングの申込先は、大きく分けて銀行と消費者金融、信販会社に分けられます。

 

銀行とノンバンク(消費者金融や信販会社)で大きく違うのは、銀行カードローンは総量規制の対象外なのに対し、消費者金融や信販会社は総量規制の対象となる事です。

 

「お金が借りられればどちらで借りても同じ」と思っている人もいますが、これは大きな間違いで、総量規制の対象になるのか対象外なのかで、お金の貸付条件が大きく違ってきます。両者には大きな差があるので、その特徴を理解した上で比較し、自分にとって使いやすい方を選ぶ必要が有ります。

 

総量規制は貸金業法だけ

2010年の改正貸金業法の施行で、総量規制が完全施行となりました。総量規制は、消費者金融や信販会社が融資する時の上限を決めたもので「融資限度額は年収の3分の1以内」という事になっています。

 

たとえば、年収が300万円の人が、消費者金融でお金を借りる場合、年収の3分の1位以内と決まっているので、いくら多く借りられても、借入できるのは100万円以下になります。

 

また、総量規制で借入希望額が50万円を超える場合や、他社で借入が有る場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など収入を証明する書類の提出を求めて、年収の3分の1を超えていないかを、確認する事が義務付けられています。

 

総量規制対象外の商品もある

消費者金融のローンすべてが総量規制の対象になるのではなく、「おまとめローン」や「借り換えローン」「配偶者貸付」「事業主ローン」などは総量規制の対象外になります。

 

総量規制は、基本的に年収の3分の1を超えた融資は出来ない事になっていますが、これらの商品は年収の3分の1を超えていても借入が可能で、審査で超えた部分の返済が出来ると判断できる場合は、年収の3分の1以上でも融資をしても良いという事になっています。

 

制度が有っても利用できない

基本的に消費者金融でお金を借りる時は年収が必要ですが、たとえば「配偶者貸付」のように、無収入の専業主婦が利用できる商品があります。消費者金融は専業主婦のように収入のないかたは原則として申込ができませんが、総量規制には規制外になる「配偶者貸付」があります。

 

「配偶者貸付」は無収入の専業主婦が借入をする時は、配偶者の年収と合わせた合計の3分の1までなら借りられるという商品ですが、この商品を利用するには、配偶者の同意を得る必要が有り、申込は配偶者の名前になるので、家族に内緒でというような借入は出来ません。

 

さらに「配偶者貸付」は調査などに時間がかかり、採算が取れないという事から、大手消費者金融ではほとんど廃止または中止しています。ですから、制度が有っても利用できないというのが現状です。

 

総量規制対象外のメリットは

銀行は銀行法に基づいて事業をおこなっているので、総量規制の対象外になるので、貸金業法の総量規制は適用されません。そのため銀行は、それぞれが独自の審査基準を設け、その基準に基づいて融資するので、年収に関係なく、審査で貸してもよいと判断すれば融資が受けられます。

 

ですから、銀行カードローンの融資限度額は800万円や1,000万円というような高額融資が可能になっています。

 

専業主婦の借入は銀行カードローンがおすすめ

また、収入のない専業主婦が消費者金融でキャッシングを申込む時は、本人名義でお金が借りられない事や、配偶者の同意が必要になるという事は先に述べましたが、銀行カードローンは、年収に影響される事がないので、無収入の専業主婦でも申込ができる商品を扱っている銀行が増えています。

 

たとえば、イオン銀行カードローンは50万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円、みずほ銀行カードローンは30万円、ソニー銀行カードローンは50万円まで、配偶者に収入が有れば融資が可能という商品が用意されています。

 

専業主婦でも、総量規制の対象外の銀行カードローンなら安心して申込が出来ます。

 

ただし、専業主婦だからといって、特別に優遇される訳でもありません。審査は一般ローンの申込と同じで、審査条件をクリアしないと審査には通りません。

 

「私は大丈夫」と思っていても、案外気が付いていないのが、クレジットカードなどで買い物をした時や、スマホの分割払いで支払いが遅れた時です。審査は信用情報機関の個人情報を調べますが、利用履歴に遅延などが記載されていると、審査に通るのが厳しくなります。お金を借りようと思えば、日頃から延滞などを起こさす、支払日にはきちんと返済を続けることが大切です。

 

キャッシングはこのように、総量規制の対象か、対象外かによって借入方法や金利、融資限度額などが大きく違ってきます。

 

年収による借入制限や融資限度額、収入証明書類の提出の有無、専業主婦が申込めるかなど、消費者金融系と銀行系では大きな違いがあるので、申込をする前に、自分にとってどちらが有利かを比較してから申込先を決める事が重要です。